気になるそばかすには美白医薬品のコスメライトクリーム

そばかすは子供だったら「可愛い」で済むのかもしれませんが大人になると「可愛い」だけは済みませんよね。化粧で隠すためにコンシーラーを使ったりファンデーションを選んだり…気になって厚くなってしまうこともあります。化粧で隠すよりもコスメライトクリームでしっかり美白を目指しましょう。

*

気になるそばかすでも効果を発揮する「コスメライトクリーム」

コスメライトクリームは、ハイドロキノンとトレチノインという2つの成分が配合されている美白クリームです。

細胞に働きかけてできてしまったシミを軽減する働きが期待できるので、肝斑をはじめ気になるそばかすにも利用できる医薬品となっています。色素沈着が気になっている方、シミが濃くなってきた方などに最適です。

ハイドロキノンで美白の効果

優れた還元作用を持つハイドロキノンはメラニン色素を作り出すチロシナーゼの阻害薬として知られていて、色素沈着を解消する働きを持つ成分です。

医薬品として治療に用いられてきたハイドロキノンは、国内では2001年に行われた薬事法の改正により、一般的に利用されるようになりました。ハイドロキノンは肌に対する効果が強いので、4~5%配合の治療薬の場合ピリピリとした刺激を受けることがあります。コスメライトクリームに配合されている量は2%になり、肌に対する刺激を抑えながらチロシナーゼを阻害していきます。

トレチノインはターンオーバーを促す効果

トレチノインは細胞の新陳代謝を活性化させて、肌に沈着してしまったメラニン色素を細胞の外に押し出す働きがあります。

ビタミンA誘導体としての作用があり、その効果はレチノールの100倍以上と言われています。皮膚や粘膜の状態を整えて皮脂分泌を抑える作用があるため、ニキビなどの肌荒れ治療に利用されている成分です。

さらに真皮層に存在している線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンの生成を促します。

トレチノインは表皮角質の色素沈着解消に効果的で、ハイドロキノンと併せて使うことでより効果が高まります。シミ治療ではこの二つの成分が配合されたクリームが処方されることが多く、美白クリームの代表的な成分になっています。

2つの効果のあるコスメライトクリーム

コスメライトクリームは沈着したメラニン色素だけでなく、色素を生成する細胞のメラノサイトに作用するためシミの発生を抑える働きがあります。

これらの成分が持つ美白作用により優れた効果をもたらしますが、色素を排出する際に肌細胞を漂白して皮膚に炎症を引き起こすピーリング作用があり、肌の生まれ変わりを促してメラニンを押し出していくため、使い始めは肌が赤みを帯びたり、刺激を感じることがあります。
そのため顔全体に塗るのではなく気になる部分にピンポイントで使用して、口の周りや目元など皮膚がデリケートな部分は刺激を受けやすいので、塗布はなるべく避けるようにします。必要のない部分にコスメライトクリームをつけてしまった時は、綿棒などでそっとふき取りましょう。

公開日: