気になるそばかすには美白医薬品のコスメライトクリーム

そばかすは子供だったら「可愛い」で済むのかもしれませんが大人になると「可愛い」だけは済みませんよね。化粧で隠すためにコンシーラーを使ったりファンデーションを選んだり…気になって厚くなってしまうこともあります。化粧で隠すよりもコスメライトクリームでしっかり美白を目指しましょう。

*

子供のそばかすと大人になってからのそばかすの違い

      2016/09/02

そばかすは子供の頃にできる場合と、大人になってからできる場合があり、それぞれできる原因は異なります。

生活習慣の見直しなどで増やさないようにしたり、手入れなどをしっかり行なうようにします。

子供のそばかす

子供のそばかすができる原因は、殆どが両親からの遺伝で、できやすい色白の体質が遺伝するためです。

思春期にできて思春期が終わる頃に自然に消える場合もありますが、思春期になっても消えない場合があります。この原因は大人にできる場合と同じ原因です。

大人のそばかす

大人になってからできる原因は紫外線や生活習慣によるものです。

紫外線をあびるとできやすくなるのは、メラニン色素が多く生成されメラニン色素の排出が間に合わずに蓄積されるためです。蓄積されたメラニン色素は肌の奥にとどまり黒褐色の色素が定着してそばかすになります。

生活習慣の原因には、肌の負担になるスキンケアや栄養不足、精神的なストレス、疲労、睡眠不足などが考えられます。間違った洗顔や肌と合っていないスキンケア、過度のピーリングなどで肌を傷つける可能性があります。
メラニン色素は摩擦などの刺激によっても生成されることがあり、顔の皮膚は他の部位よりも薄く敏感なので優しく正しく手入れする必要があります。

紫外線は夏だけではない

ビタミンCを多く摂取している場合は紫外線の影響を受けにくくなりますが、ビタミンCが不足するとできやすくなるのです。日常生活の中でできないようにするには、紫外線、正しいクレンジングや洗顔、ピーリング、生活習慣の見直し、サプリメントの活用などがあります。

紫外線は夏だけではなく1年中降り注いでいます。量は少なくても真冬、曇りの日や家の中にいるだけでも油断できないものです。屋内にいる状態でも肌を無防備な状態にせず日焼止めを塗るようにすると良いでしょう。UV(紫外線)ケアの日焼止めは1度塗ったら終わりではなく、特に屋外では2時間程度で塗り直すことも必要です。

日焼止めの他には日傘の使用です。日傘のUV加工は3年程度なので古くなった日傘はUVスプレーを吹きかけると効果を保つことができます。

洗顔は力の加減が重要

正しいクレンジングはクレンジング剤の適量を守り、肌を擦らないようにします。指の腹を使って優しくなじませ、ぬるま湯で洗い流します。また洗顔のポイントは洗顔料を良く泡立てて時間をおかずに洗い流すことが大切です。

そばかすを増やさないためには食事、睡眠、運動など肌に良い生活習慣にすることが良いことです。食事では栄養バランスがとれたものでビタミン不足にならないような食事を心がけ、入眠後の3〜4時間の間に深い睡眠をとるようにして、適度な運動を心がけます。