気になるそばかすには美白医薬品のコスメライトクリーム

そばかすは子供だったら「可愛い」で済むのかもしれませんが大人になると「可愛い」だけは済みませんよね。化粧で隠すためにコンシーラーを使ったりファンデーションを選んだり…気になって厚くなってしまうこともあります。化粧で隠すよりもコスメライトクリームでしっかり美白を目指しましょう。

*

そばかすが出来やすい原因とはなにか?

      2016/10/12

鏡を見てそばかすがあると気分も下がってしまうことはあるでしょう。

原因はいくつかあり、単純なものから複数の要因が絡み合うことで発生するものもあります。

遺伝や紫外線などが原因になる

要因の中でも多くあるのが生まれつきのもので、思春期の頃になると増え、思春期を過ぎると消えるタイプです。子供のころからあるそばかすは、ほぼ親からの遺伝と言っていいでしょう。

思春期を過ぎても消えない場合は後天的な要因によってできたものだと考えられ、自然に消えることはかなり難しいことです。原因は紫外線によってメラニン色素が生成され、お肌に定着することでそばかすになるというものです。そのため春から夏にかけて色が濃くなるという性質を持ちます。

小さな茶色の斑点ができるのが特徴ですが、頬や目元など気になる部分にできやすいので悩んでいる人も少なくありません。そばかすができやすい家系というのもあり、両親からの遺伝の影響がかなり大きいです。このような家系の人が間違ったスキンケアを続けていると、できやすくなったり数が増えていきやすくなります。

気になってメイクで隠そうとしますが、カバー力が足りないと隠せなかったり、そこだけコンシーラーを使うと逆に目立ってしまうことがあります。メラニン色素は紫外線だけでなくお肌への刺激からも生成されます。

スキンケアや洗顔も合わないと原因になる

洗顔やスキンケアといった毎日繰り返すことの中にも原因になる可能性はあります。

洗顔は泡立てて力を入れずに行うのが基本ですが、ついゴシゴシと洗ってしまうことがあります。擦る刺激からお肌を守ろうと、メラニン色素が生成されるという仕組みです。ピーリングは適度に使う分には問題ありませんが、頻繁に行うと強い刺激になってしまいます。お肌に合わないスキンケアを行わないように1度見直してみましょう。

そして毎日の食事の影響もあります。

きちんと日焼け止めを塗っていても100%の紫外線を防げるわけではありません。ビタミンCは紫外線の影響を少なくしてメラニンの生成を抑える効果がありますが、水溶性のビタミンなので多く摂取しても尿となって体外に出てしまうため、毎日取り続けることが大切です。ビタミンCは喫煙で消費されてしまうので、タバコを吸う人は意識して多く取るようにします。

これらに該当しないのにそばかすができてしまうという人は、ストレスが溜まっていたり睡眠不足なども考えられます。軽く体を動かすことで血流が良くなり、ストレスを解消する効果があります。動くと疲れるので夜もぐっすりと眠ることができます。お肌にとっては22時~2時がゴールデンタイムと言われ、その時間に就寝していることが良いとされてきていましたが、最近では眠りに入ってから3~4時間に成長ホルモンが分泌されているとも言われています。やはり夜更かしは肌には良くありませんので、あまり遅くならないように眠りに入り、しっかりと寝付くことが大事ですので注意しておきましょう。